ぼくのデジタルライフ

ダラダラ書いてる備忘録的な何か

UbuntuでM5Burnerをつかってみる

M5BurnerでM5StickCにUIFlowファームウェアを書き込んでみたのでセットアップの手順を書いていきます。

環境はこんな感じ。

  • Ubuntu LTS 20.04 64bit
  • M5Burner Version1.0.1

シリアルポートに書き込めるようにする

Ubuntuの場合、一般ユーザーにはシリアルポートを読み書きできる権限が与えられていないので、自分を「dialout」グループに追加しておきます。

sudo adduser $USER dialout

M5Burnerをダウンロード

M5Burnerをダウンロードしてを適当なフォルダをつくって展開していきます。

wget https://m5stack.oss-cn-shenzhen.aliyuncs.com/resource/software/M5Burner_Linux.zip
mkdir ~/M5Burner
mv M5Burner_Linux.zip ~/M5Burner
cd ~/M5Burner
unzip M5Burner_Linux.zip

このままM5burnerを起動しても書き込む時にエラーを吐くので、pipとpyserialをインストールしていきます。

pipをインストール

いまのところM5Burnerで走ってるPythonのバージョンは2系っぽいのでpip3は使えません。

2系のpipをインストールしていきます。

Ubuntu20.04からはsudo apt install python-pipでインストールできなくなったみたい?なので先程展開したフォルダ(M5Burner)に入っていたget-pip.pyを使ってインストールしていくことにします。

sudo python get-pip.py

pyserialをインストール

pipが入ったらpyserialをインストールしていきます。

sudo pip install pyserial

M5Burnerを起動する

以下の手順でM5Burnerを起動できます。

cd ~/M5Burner
./M5Burner

UIFlowを書き込む

M5Burnerの起動イメージ

続いてUIFlowのファームウェアをダウンロードしていきます。

この記事の執筆時点では、「UIFlow-v1.4.5.1」がM5StickCに対応してる最新バージョンだったので、今回はこちらを入れました。「UIFlow-v1.4.5.1」にカーソルを合わせるとダウンロードのボタンが出てくるのでクリックします。

あとは、「COM」からM5StickCをつないでいるポートを選択、「Series」から「StickC」を選択、Wi-FiSSIDとPasswordを入れ、「Burn」をクリックします。

書き込みが完了するとM5StickCにAPIキーが表示されれるはず。

赤い地球みたいなマークが表示されている場合は、Wi-FiSSID、パスワードが間違っている場合があります。

UIFlowをつかう

ブラウザからhttps://flow.m5stack.com/を開いてM5StickCに表示されているAPIキーを入力、「Device」から「Stick-C」を選びます。

UIFlowのスクリーンショット

これで、UIFlowを使う環境が整いました。

参考になれば幸いです。