ぼくのデジタルライフ

ただのガジェット好きがダラダラ書いていくブログ

ELECOMの5ボタン静音マウス「M-FBL01DBXS」を買ってみた。

f:id:computer-life:20181105000455p:plain

先日、ノートパソコンで使っていたワイヤレスマウスが壊れ、安くて使いやすそうなマウスをいろいろ探していたところ、アマゾンで「M-FBL01DBXS」を発見。最近発売されたばかりみたいで¥1,699円と比較的安いマウスだったので購入してみました。

さっそくレビューしていきます。

付属品

付属品

  • マウス本体
  • 単三電池1本
  • USB無線レシーバー
  • ユーザーズマニュアル

付属品はシンプル。レシーバーは1円玉ぐらいのサイズです。

マウスはブラックとレッドの2色展開です。

スペック

スペックはこんな感じ。

  • 読み取り方式:Blue LED
  • 解像度:1600dpi
  • 電波周波数:2.4GHz帯
  • 連続動作時間:約210時間
  • 連続待機時間:約1666日
  • 電池:単3電池1本使用
  • 外形寸法(マウス本体):幅65.5mm×奥行98.4mm×高さ39.6mm
  • 質量(マウス本体):約62g ※電池含まず
  • カラー:ブラック,レッド

外観

外観1



質感は、マットで指紋がつきにくいです。

外観2

左側には2つのサイドボタンがあります。

両サイドにはそれぞれラバーが貼ってあり、操作感が安定します。

外観3

裏側には、単3乾電池1本入れるスペースと電源スイッチ、ドングルを収納できるスペース、センサーがあります。センサーは、Blue LEDなので反射の多いガラステーブルでも快適に利用できます。

使ってみて

サイドボタンが便利

ここが僕がこのマウスを選んだ一番のポイントでした。

このマウスには左右ボタン、ホイールボタンに加えサイドに2つボタンがあります。

デフォルトでは、ブラウザの「戻る」「進む」が操作できるように割り当てられていますが、「エレコム マウスアシスタント」というソフトで任意の機能を割り当てることができます。また、任意のボタンを押しながらポインタージェスチャーすることで機能を割り当てられる「マウスジェスチャー」にも対応しています。

例えば、ボタン4にジェスチャー機能を割り当てて、「上」にジェスチャーしたときPCの音量が上がるようにするなんてこともできます。

スクリーンショット

軽い

マウス本体が62gと比較的軽量で単3乾電池1本(23g程度)を含めてもトータルで85gと比較的軽量で、手首が疲れにくいです。

カチカチ音が気にならない

 静音マウスということもあって、カチカチ音が静かです。クリック感もしっかりあります。ただ、静音を謳っている他の製品と比べるとやや音が大きい印象を受けました。

USBで無線接続できる

以前Bluetoothのマウスを使っていたこともあったのですが、ノートパソコン内蔵のBluetoothを使うとWi-Fiと干渉して、Wi-FiBluetoothが途切れたりして使いづらかった事がありました。いろいろと試行錯誤してみたのですが、イマイチ安定せず「やっぱりUSBの無線マウスがいいよね」という結論に至りました。

ドングルはマウス本体に収納できるので、持ち歩きにも便利です。

おわりに

というわけでザックリとでしたが、ELECOMの5ボタンマウス「M-FBL01DBXS」を紹介していきました。

安い5ボタンマウスがほしい方にはぜひおすすめできるマウスです。

マウス選びの参考になれば幸いです。