ぼくのデジタルライフ

ただのガジェット好きがダラダラ書いていくブログ

最近、メインでUbuntu使い始めたけど思った以上に快適だったよという話

Ubuntuスクリーンショット

去年の末に貰い物のマザーボードでPCを組んでみました。できるだけ低コストで仕上げたいと思っていたので、OSはUbuntuにすることに。

使ってみて3ヶ月たったのでその感想を書いていこうと思います。

Linuxディストリビューションはたくさんある

Linuxディストリビューションはたくさんあります。大きく分けると、Debian系、Red Hat系、Slackwear系、その他の独立系に分けられます。サーバーではRed Hat系のCentOSがよく使われていますね。お仕事でお世話になっている方も多いのではないでしょうか。

どれにしようかな~と悩んでいたのですが、触りなれたDebian系のOSにすることに。候補に挙がったのは次の3つ。

  • Ubuntu(以前使ったことがあった)
  • elementary OS(MacライクなUIがいい感じ)
  • Linux Mint(最近人気みたい)

いろいろ試してみた結果Ubuntuを選択しました。今回は通常版の18.04をインストール。

Ubuntuのいいところ

無料で使える

UbuntuCanonicalと多くのボランティアによって支えられているオープンソースOS。Canonicalは資金面でも安定しているので開発が突然終わったりすることとかなさそうなので安心。

動作が安定している

他のLinuxに比べて不具合が少なく、動作が安定している印象を受けました。

ただ、リリース直後は若干動作が不安定なこともあるので、通常版はある程度経ってから使うか、LTS版を使うのがおすすめ。

情報量が豊富

Ubuntuはコミュニティが大きいので情報量が豊富。トラブルが発生してもググればきっと解決策が見つかるはず。解決できなかったらUbuntuの日本語フォーラムもあるのでいつでも聞くことができます。

柔軟にカスタマイズできる

UIがなじまないと感じたら、テーマを変えたり、デスクトップ環境を変えたりすることで自分好みのUIに変更できます。

テーマを変える

「GNOMETweak」というツールをつかえば、手軽にいろいろいじれます。僕はMac風なテーマを適用しています。

GNOME Tweaks

デスクトップ環境を変える

デスクトップ環境も自分好みに変更できます。

ちなみにUbuntu18.04からデスクトップ環境が、UnityからGNOME3に変更になったみたいです。代表的なデスクトップ環境はこんな感じ。

  • GNOME3(Ubuntu18.04のデフォルト)
  • LXDE
  • Xfce
  • KDE
  • MATE(GNOME2派生)
  • Cinamon(GNOME3派生)

UbuntuデフォルトのGNOME3が重いと感じたら、LXDEとかXfceあたりにデスクトップ環境を変えるといいかも。

デスクトップ環境の違いで使い勝手がかなり変わってくるので、使いやすい環境を選んで使うといいでしょう。

Ubuntuソフトウェアがいい感じ

Ubuntuソフトウェア

UbuntuにもWindowsMicrosoft Store的なアプリケーションがあります。操作もわかりやすいので使いやすいように感じました。コマンド?何それ?おいしいの?という人にもおすすめ。

何と言ってもLinuxコマンドが便利

ファイル名を連番にリネームしたり、拡張子を一括でリネームしたり、SSHに接続したり。個人差はありますがLinuxコマンドに慣れるとWindowsコマンドが使いにくく感じたりするほどです。

Ubuntuを使うことのデメリット

メモリの消費量

UnityからGNOMEに変更になったこともあってちょっとは減った?みたいですが、起動時から1.2GB近くメモリを消費してます。Windows10と同じぐらいといった感じですかね。メモリが少ないマシンで使うときは要注意です。4GBだと心もとないので、少なくとも8GBは積んでおきたいところ。

Windowsのソフトは動かない

LinuxなのでWindowsのソフトは基本的に動きません。iTunesとかフォトショとか、MS Officeとかを使いたいときは不便です。LibreOfficeMS Officeとの互換性はあるものの完全ではないで、より高い互換性を求めるならMS Officeのオンライン版を使うのがおすすめです。

WindowsソフトをLinuxでも実行できるWineがありますが、動作が遅かったり、動かないことがあったりと、まだまだ実用には足りないかなといった印象でした。

動かないハードウェアもある

たまに動作しないハードウェアもあります。特にノートPCでUbuntuを使う場合。無線LANがつながらないとか、音が出ないとかがよくあります。Linux向けのドライバーを提供していないハードウェアメーカーも多いので、自力で解決方法を探し出す必要があります。

さいごに

いろいろ書いてきましたが、1ヶ月メインで使ってみてUbuntuは思っていた以上に快適なOSでした。Windowsソフトを使うことにこだわりがなければおすすめのOSだと言えます。また、Linuxの中でも情報量が豊富で動作が安定している方なので作業に集中できる環境だなという印象も受けました。

参考になれば幸いです。