ぼくのデジタルライフ

ダラダラ書いてる備忘録的な何か

サーバーレスでIoTデータを可視化できるサービスをまとめてみた

自前でサーバーを建てずに無料で利用できるサービスを中心にまとめてみました。

Ambient

Ambient

多分、日本で一番使われているIotデータ可視化サービス。シンプルで扱いやすいので初心者にもおすすめ。

用意されているライブラリ

制限・注意事項

  • 1チャネルあたりの送信できるデータの上限は8種類。
  • データの送信可能間隔は最低5秒。
  • 1チャネルあたりのデータの送信可能上限は3000件。
  • 1チャネルあたりの作成できるチャートの上限は8個。

ambidata.io

Blynk

Blynk

データの可視化以外にもいろいろできるすごいやつです。アプリがかっこいいです。

用意されているライブラリ

上記の他にもコミュニティで用意されているライブラリもあるようです。

制限・注意事項

  • WEB版はなくiOSAndroidアプリから利用できます。
  • ウィジェットを作成できる数に制限あり。(課金すると増える)
  • 1秒あたり送信できるデータは100件まで。
  • 日本語には対応していません。

blynk.io

Machinist

Machinist

最近IIJから発表されたサービス。ダッシュボードがかっこいいです。監視機能もあります。

用意されているライブラリ

HTTPでJSONデータを投げて利用します。 特に公式で用意されているライブラリはありませんが、ESP32とESP8266向けにライブラリを作られている方がいらっしゃいました。

GitHub - nara256/IIJMachinistClient: IIJ Machinist Client library for ESP32 / ESP8266

制限・注意事項

  • 10メトリックまで追加できる
  • 直近1ヶ月分のデータのみ保存できる。
  • データの保存可能間隔は1分。

有料版もあります。

machinist.iij.jp

ThingSpeak

ThingSpeak

MATLAB Visualizationでグラフを柔軟にカスタマイズできるのも魅力。監視機能もあります。

用意されているライブラリ

制限・注意事項

  • 1チャネルあたりの送信できるデータの上限は8種類。
  • 保存できるデータ数は1年あたり300万件。
  • データの送信可能間隔は最低15秒。
  • 作成できるチャンネルは4つまで。
  • 日本語には対応していません。

有料版もありますが少々お高めです。

thingspeak.com

さいごに

手軽にIoTデータを可視化できるサービスをざっと紹介していきました。

参考になれば幸いです。