僕のデジタルライフ

ただのガジェット好きがダラダラ書いていくブログ

「Glary Utilities」でPCをワンクリックメンテナンス ~ファイルの暗号化編~

 今回は、「Glary Utilities」でファイルの暗号化をする方法を紹介しようと思います。もし、前回の記事を見ていない方はまずはこちらをご覧ください。

computerlife.hateblo.jp

 

早速ファイルを暗号化! 

f:id:computer-life:20150427204310p:plain

  1. Glary Utilitiesを起動し、高度なツールと書いてあるところをクリックします。
  2. 右下の矢印のアイコンをクリックしてファイルの暗号化をクリックするか、右にある青い丸の下にある丸をクリックし、ファイルの暗号化をクリックします。
  3. すると右のような画面になると思います。ファイルの追加をクリックし、暗号化したいファイルを選択します。今回は、テストなので大切なファイルは暗号化しないようにすることおすすめします。f:id:computer-life:20150427204440p:plain
  4. そして、暗号化したファイルの保存先とパスワード、パスワードのヒントを求められると思いますので、任意のパスワードを入力します。※このパスワードは忘れないようにして下さい。
  5. 暗号化を開始をクリックします。
  6. すると、暗号化するファイルと同じ名前で暗号化したファイルが出力されます。


暗号化したファイルを復号化するには、出力された南京錠マークのファイルをダブルクリックし、パスワードを入力し復号することができます。

利用するときの注意

  1. 暗号化したファイルがあるときはGlary Utilitiesをコンピュータからアンインストールしないこと。暗号化したファイルが復号化できなくなってしまいます。
  2. パスワードを忘れないこと。パスワードを忘れてしまうとファイルを復号化できなくなってしまうことがあります。

最後に

正直な話Glary Utilitiesの暗号化ツールは以前このブログでレビューした「アタッシェケース」より若干使い勝手も悪く不安な感じがします。ですが、Glary Utilitiesをコンピュータに入れておくだけでずいぶん便利になると思います。皆さんも使ってみてはいかがでしょうか?
広告を非表示にする