僕のデジタルライフ

ただのガジェット好きがダラダラ書いていくブログ

僕がBloggerからはてなブログに移行した2つの理由

f:id:computer-life:20150614195642j:plain

今回は、僕がブログサービスを乗り換えた理由などについて紹介していきます。実は以前このブログをBloggerで書いていたころは「僕がBloggeをおすすめする6つの理由」という記事を書いていました。(今となってはこの記事に矛盾したような記事になっていますが...)なぜ僕が、Bloggerからはてなブログに乗り換えたのかについて書いていこうと思います。

Bloggerのいいところって?

柔軟なカスタマイズ

なんといってもBloggerはブログデザインのカスタマイズがとにかく柔軟です。デザインは、管理画面で簡単にカスタマイズできいちいちHTMLやCSSを編集する必要がありません。

広告が一切表示されない

Bloggerは、ブログ下に「Powerd by Blogger」以外に広告は一切表示されません、Blogger以外のブログサービスで広告が表示されないものは、そう多くないのではないのではないでしょうか。もちろん、自分で広告を掲載するのも自由ですが、アフィリエイトをやるのはあまり推薦されないような雰囲気です。

独自ドメインが無料で設定できる

Blogger独自ドメインを無料で設定することができました。僕は、独自ドメインを設定したことはありませんが、自分の好きなドメインを設定したい人には助かる機能でしょう。

Bloggerの惜しいところって?

思ったよりアクセス数は伸びなかった

Bloggerでは、さすがGoogleのサービスとでもあって検索エンジンへの反映が比較的早い気がしますが、僕の場合いいろいろ試しSEO対策をしたのですが、なかなか検索結果の上位に来ることはありませんでした。そのためか、ただ記事を書いただけでは一日に数件のアクセスしかなかったり時にはアクセス数が0の時がありました。

ブログサービスのポータルサイトがなかった

ブログサービスのポータルサイトがあるとポータルサイトから自分のブログへのアクセス数もあり、なんとなくブログを書いている人の活気がある気がしてブログを書くのが楽しくなるので僕にとっては必要な存在なのかもしれません。

そこで出会ったのが「はてなブログ

僕が不満に思ったSEOについて解決してくれるブログサービスを片っ端から試し、探していた時に出会ったのがこのはてなブログでした。そこで、自分なりに「はてなブログの惜しいところ」と「はてなブログのいいところ」を幾つかピックアップしていきます。

はてなブログのいいところ

SEOに強い

個人的には、どのブログサービスよりもSEOにつよいような気がします。はてなブログは、スパム対策やHTML5に対応しているなど、検索結果のトップに表示されるような秘訣がたくさんあります。

はてなブログSEOの強さについては「寄稿:はてなブログのSEOが優れている7つの理由と、さらにSEO効果を高める5つのTIPS - はてなブログ開発ブログ」が参考になります。

staff.hatenablog.com

サービス内からのアクセスが見込める

はてなブログポータルサイトには「新着エントリー」など比較的サービス内で自分の記事が表示される機会が多いので「新着エントリー」を見ていた人達がブログに訪問してくれることがあります。

使いやすい記事編集画面

編集画面には編集サイドバーと言うのが設置されていて、サイドバーからは写真の投稿やTwitterYouTubeはてなブックマークなどの貼付けができる機能があり、個人的には使うと癖になるぐらい便利だと思います。記事が集中して書けるのでナイスです。

はてなブログの惜しいところ

独自ドメインが無料で設定できない

Bloggerを使っていた頃は、独自ドメインを取得して無料で設定出来ましたが、はてなブログだと有料版にしないと設置できないらしく、ある程度のブログにつぎ込む予算が必要そうです。

1ヶ月にアップロードできる写真の容量が少なめ

いまこのブログを運営している分には不便はしていませんが、はてなブログでは、はてなフォトライフと言うサービスを使って画像をアップロードします。はてなフォトライフの無料版では月に30MBまでという制限があります。もしも大量の画像を扱うブログを作りたいと思っている方は有料版にアップロードするか、別のサービスに一旦画像をアップロードしてから貼り付けるなど工夫が必要そうです。(有料版にすれば1ヶ月/3GBまでアップロードできます)

最後に

 Bloggerから乗り換えて本当に正解だったかと言われると...微妙なとこではありますが、個人的にはアクセス数もそれなりによく、満足のいく結果だと思っています。ブログを始めようとしている人、ブログを乗り換えようと思っている人の参考になれば幸いです。

広告を非表示にする